カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 
HOME > まろやかな苦味のコーヒー

◆インドネシアの宝◆◆


当店で一番焙煎仕上げ温度の高いコーヒーです。しかし、それぞれ個性があり、どれもそのコーヒーが
もっている特徴が一口で区別がつくほど、個性的なコーヒーです。

・ミルキーというソフトな名前ですが、生豆が薄緑色した白っぽさからきたようです。ただし、焙煎後は
個性のある飲みごたえで、まろみのある苦味は、根強い人気があります。

・カロシ・トラジャは古くから飲まれているコーヒーで、苦みばしった大人の味です。

・マンデリン・トバコはブレンドとして苦味を生かし、別焙煎のコロンビアとのに相性がよく、アイス・コーヒーに
ぴったりです。夏になると一番の売れ筋です。

イメージインドネシア イメーシインドネシア3 イメージインドネシア2

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~2件 (全2件)

カロシ トラジャ

カロシ・トラジャ(標準/200g)

1,253円(税込)
インドネシアコーヒーの中でも、名品と謳われるトラジャ・コーヒーです。
深焼きなのに本来の持ち味であるコクと香りがしっかりと出る、力強いコーヒーです。
開店当時からの人気の逸品です。

100g/  630円
200g/1,230円
300g/1,830円
<画像をクリックすると、注文画面へ移動します>
バリ島アラビカ神山(シンザン)

バリ島アラビカ神山(シンザン)

641円(税込)
13,000余の島々でなるインドネシア。コーヒーが生産できるのはたった3島だけです。
観光地で有名なバリ島で育まれ、世界中で愛されています。
近年、インドネシアでの生産量が激減しており、将来的に希少なコーヒーになる可能性が強くなっています。

1件~2件 (全2件)

ページトップへ