カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

焙煎日記 02/12

前日の祝日は、思いのほかお客様がお見えになりました。
それでも品切れのご迷惑をかけることもなく良かったです。
最近は若いご家族が増えたので、あれこれ色んな味を試してみたいと、
2~3種類を100gずつ買われる方も増えました。
できるだけご希望に添えるよう、ご用意したいと思います。

<焙煎銘柄>02/12
カロシ・トラジャ/コロンビア・アンジェリカSP/ブラジル・サントス樹上完熟
猫ライン-02.png猫一族のはなし(2020.02)

お向かいの養鶏場からブルトーザーで押し出され、道路を渡り我が店に居ついたのが6匹となりました。
最初に逃げ込んだアンチャンとママチャンは格別の存在となりました。

ママチャンは元気にボールのように丸く。ただ、アンチャンは体重減少が分かるようになってきました。
この機会に信頼できる獣医さんに診てもらうと、肝臓の数値が異常に高いとのことです。
薬を飲ませ始めてほぼ1ケ月となります。

そのアンチャンが、この10日ほどで体調が悪くいつも寝付くようになりました。
叔父さんは心配のあまり毎晩というほど夢を見てしまうとのことです。温かくさせてと、
マットや温かい上掛けなども買ってくれました。
超ビビリのアンチャン、今のうち先生とコンタクトを取り、後は自分で看取ろうと覚悟を決め、
泣き呻くアンチャンを助手席に病院へ。

3分ほどの診察で左前足に太い注射針を突き刺し、膿を吸い出します。
診断は内臓ではなく、ケンカをして腕を噛まれ具合が悪かったようです。抗生剤を注射して帰路につきます。

行きと違っておだやかな車の中でゲージを開けてあげると、夜の景色を見廻しているアンチャン。
自分の縄張りを守るため頑張ったのです。
その相手がまだ1才の若い雄猫「小林くん」だったのか、ここ4日ほど姿を現しません。
片目で耳が聞こえず、ママチャンが大好きな「小林クン」。どこかで頑張ってくれ。
厳しい猫の世界で生き、頑張っているんだとわかった夜でした。

焙煎日記 02/02・03・07・08・09

酸味の美味しい銘柄をとあれこれ調べていますが、定評のある銘柄はやはり高価です。
家庭で味わうにはコスト高となってしまいます。
もう20年近くも前、メキシコの銘柄で美味しいのがあったので、それに近いものを仕入れてテスト焙煎。
仕上がり温度を何度か変えてみますが、どうも上手くいきません。
酸味は正直、コクを出すより難しいと思っています。

<焙煎銘柄>02/02
タンザニアAAスノートップ/ウガンダ・ブルーナイル/バニー・マタル/エルサルバドルSHGラ・ホヤ農園/キューバTL(ツルキーノ・ラバド)

<焙煎銘柄>02/03
タンザニア・スイート・ナチュラル/グァテマラ・クラシック・マヤ/エチオピア・モカ・シダモ/ブラジル・ハチドリ

<焙煎銘柄>02/07
バリ島アラビカ「神山」/コロンビア・アンジェリカSP/コスタリカ・コーラル・マウンテン/メキシコ・クステペック農園

<焙煎銘柄>02/08
カロシ・トラジャ/パプアニューギニア・パラダイス・プレミアム

<焙煎銘柄>02/09
マンデリン・トバコ/フローレス島「コモド・ドラゴン」/
エチオピア・モカ・イルガチャフェ/タンザニア・スイート・ナチュラル/エチオピア・モカ・シダモ

焙煎日記 01/24・25・26・27・31

ついつい、「この銘柄はどうだろう?仕入れてみようか?」、と品数が増えて現在19銘柄となりました。
焙煎回数も増えました。なかなかご報告ができずに、申し訳ありません。

<焙煎銘柄>01/24
マンデリン・トバコ/バリ島アラビカ「神山」/バニー・マタル

<焙煎銘柄>01/25
カロシ・トラジャ/エチオピア・モカ・シダモ/コスタリカ・コーラル・マウンテン/フローレス島「コモド・ドラゴン」/
グァテマラSHB「オーロラ農園」

<焙煎銘柄>01/26
タンザニア・スイート・ナチュラル/コロンビア・スプレモ・テケンダマ(ブレンド用)/パプアニューギニア・ブレミアムAA/ブラジル・ハチドリ/エルサルバドル・シティオ・デ・マリア

<焙煎銘柄>01/27
コロンビア・アンジェリカSP/キューバTL/コロンビア・アピア/タンザニアAAスノー・トップ「エーデルワイス農園」

<焙煎銘柄>01/31
マンデリン・トバコ/コロンビア・スプレモ・テケンダマ/ブラジル・サントス樹上完熟/バリ島アラビカ「神山」/
コスタリカ・コーラル・マウンテン

350日は印西近辺しかウロウロしていないので、たまに車で他所にいくと、「ナニコレ?」と絶句することがあります。
最近も「5G」の電波塔を発見、ロボットの片足のような風景におどろきました。
その横に見慣れた鉄塔があり、形的には絶対に見慣れた鉄塔のほうが美しいと感じてしまいます。
あんな黒いロボットの片足のようなのがあちこちにできるのでしょうか?風景が壊されたような気がしました。

焙煎日記 01/16・17・19・20・21

例年より寒さがゆるいせいか、朝一番の焙煎窯の準備が手順良くいきます。
いつもなら窯の中の温度を高温に安定させるのに1時間はかかるものが、
今は40分ぐらいで済みます。焙煎中は暖房もいらないぐらいです。
これも温暖化が関係あるのでしょうか。

<焙煎銘柄>01/16
バリ島アラビカ「神山」/コロンビア・スプレモ・テケンダマ(ブレンド用)/ブラジル・ハチドリ
<焙煎銘柄>01/17
タンザニアAA スノー・トップ/タンザニア・スイートナチュラル/パプアニューギニア・プレミアムAA/コスタリカ・コーラルマウンテン
<焙煎銘柄>01/19
カロシ・トラジャ/エチオピア・モカ・シダモ/グァテマラ・クラシック・マヤ/エチオピア・モカ・イルガチャフェ/キューバTL
<焙煎銘柄>01/20
マンデリン・トバコ/ブラジル樹上完熟
<焙煎銘柄>01/21
コスタリカ・コーラルマウンテン/コロンビア・アンジェリカSP/ウガンダ・ブルーナイル

焙煎日記 01/10・12

お飾りも下げ、鏡開きも無事終わりました。
昨年末に新しく入荷した「コスタリカ・コーラル・マウンテン」が好評で、新年早々に追加20キロが入りました。
塩味(えんみ)がありながら、飲み後が軽く上品な美味しいコーヒーです。

【コスタリカ・コーラル・マウンテン】

コスタリカコーラルマウンテン-01太平洋とカリブ海を分岐する高地にて、絶好の気象条件のもとに栽培されるコスタリカ・コーヒー。

コーラル・マウンテンは、サンホセ西部に位置するタラス川をはさんだ、トレスリオスと、コラリージョを結んだ三角地帯(標高1400~1500m)の急斜面で、栽培されています。

農園があまりにも急斜面にあることから、収穫は身体にロープをまきつけ、「モンキースタイル」でバスケットが一杯になるまで、赤く熟した実だけをひと粒づつ丹精こめて手摘みをしています。

さらに約一週間かけ100%天日乾燥処理をし、熟成した味・まろやかな香りがあります。

高地産コーヒー特有の芳醇な香りと柔らかなボディ、雑味の無いクリアなカップの中には、上品な塩味と甘味が口一杯に広がります。

<焙煎銘柄>01/10

フローレス島「コモド・ドラゴン」/ウガンダ・ブルーナイル/コロンビア・アンジェリカSP/
エチオピア・モカ・シダモ/ブラジル・サントス樹上完熟

<焙煎銘柄>01/12
コスタリカ・コーラル・マウンテン/カロシ・トラジャ/イエメン・バニー・マタル

焙煎日記 01/04・05

2020onenga今年もよろしくお願いいたします。

仕事始めはみんな(おじさん・おばさん・カール)元気にスタートを切ることができました。お雑煮を作って遅いお昼ご飯となりましたが、気持ちのいい一年の始まりとなりました。

一年一年が貴重な年齢となりました。お互い不足の部分を補いながら、ご商売をさせていただきます



<焙煎銘柄>01/04
カロシ・トラジャ/バリ島アラビカ「神山」/コロンビア・アンジェリカSP/
タンザニア・スイート・ナチュラル/エルサルバドル・シテオ・デ・マリア農園

<焙煎銘柄>01/05
マンデリン・トバコ/タンザニアAAスノー・トップ/グァテマラ・クラシック・マヤ/
ブラジル・ハチドリ

令和2年、明けましておめでとうございます

毎朝、コーヒーを農協へ補充にいく車の中で、あれこれ気が付くことがあります。
「ア~、マタトシヲトルヨ(´;ω;`)ウゥゥ」と思いつつ、あることが気になりだしました。
いつから誕生日を祝うようになったんだろう?、だいいち庶民が自分の誕生日なんて知っていたのか?
「満何歳」とか「数え何歳」って、いったい何?
なぜか日本人は年末になるとソワソワとしてしまいます。一日、日をまたぐだけなのに。
たどり着いたイメージが、大晦日を迎えたみんなに新しいお年玉(年齢1才加算)を神様からいただくのだと。
大晦日を過ぎ、新年を迎えた私たちはみんな手を取り合って年を越すのだ。
江戸時代に生きた記憶はありませんが、長屋のみんなが無事に新しい年を平等にいただく。
なんと優しいすてきな心持ちでしょう。代々続く日本人の感性に感動をおぼえます。
今日私たちは手を取り合って年をいただいたのです。
「新年、おめでとうございます」

焙煎日記 12/15・18・20・22・23・24・25・27・29

2019おおみそか中旬を過ぎる頃から焙煎頻度が上がりました。なかなか「日記」の更新ができずにとうとう最後の一日となります。
まだ店内の清掃、来年第一目の焙煎準備が済んでないので、なんともやり残し感があります。
この年末はなんと手の甲に人生初のあかぎれができました。
「モシカシテ、サクネンヨリ、イソガシクナッタ?」と振り返れば、確かに豆の焙煎回数が2割近く上がってます。
売上金額への反映は正直みえないのですが、効率よりも鮮度重視にと考えると、「コレデイイノダ」と思えます。
今夜、自宅で落語を聞きながら反省会を、「BiBi」(超ビビリの8㌔猫)相手にやろうと思います。

<焙煎銘柄>12/15
タンザニア・スイートナチュラル/キューバTL/パプアニューギニア・パラダイス・プレミアム/バニー・マタル

<焙煎銘柄>12/18
コロンビア・スプレモ・テケンダマ/バリ島アラビカ「神山」/マンデリン・トバコ/カロシ・トラジャ/ブラジル・サントス樹上完熟

<焙煎銘柄>12/20
エチオピア・モカ・シダモ/コロンビア・アンジェリカSP/コスタリカ・コーラル・マウンテン

<焙煎銘柄>12/22
ブラジル・ハチドリ/チオピア・モカ・イルガチャフェ/タンザニアAAスノー・トップ/グァテマラ・クラシック・マヤ

<焙煎銘柄>12/23
マンデリン・トバコ/コロンビア・スプレモ・テケンダマ/ブラジル・サントス樹上完熟/カロシ・トラジャ

<焙煎銘柄>12/24
バリ島アラビカ「神山」/コロンビア・アンジェリカSP/パプア・ニューギニア・パラダイス・プレミアム/キューバTL/バニー・マタル/コスタリカ・コーラル・マウンテン

<焙煎銘柄>12/25
ブラジル・ハチドリ/エチオピア・モカ・イルガチャフェ

<焙煎銘柄>12/27
マンデリン・トバコ/エチオピア・モカ・シダモ/グァテマラ・クラシック・マヤ/コロンビア・スプレモ・テケンダマ(ブレンド用)

<焙煎銘柄>12/29
コロンビア・アンジェリカSP/タンザニア・スイート・ナチュラル/コスタリカ・コーラル・マウンテン

焙煎日記 12/13

今日は寒さが身に沁みます。こんな日の焙煎は気持ちも落ち着き、
午前中からいい感じで進んでいます。
この土日に向け準備、生豆の消費が速くなってきているので、
在庫を切らさないよう年末まで気をつけます。
予想に反して「コスタリカ・コーラル・マウンテン」がいい感じでお求めいただいてます。
もしかしら定番となるか。

<焙煎銘柄>12/13
ブラジル・ハチドリ/コロンビア・アンジェリカSP/マンデリン・トバコ/
コスタリカ・コーラル・マウンテン/グァテマラ・クラシック・マヤ


kobachan-2019

なかなか慣れてくれない一才くらいのオス猫「コバちゃん」。

生みの親ではない老メス猫の「ママちゃん」に甘えるので、
もう一息でこちらにも慣れてくれるかと思うのですが、
上手く事は運びません。

来週には地域猫の登録と手術を予約しているので、
できるだけストレスを与えず上手に捕獲できればと、
こちらはすでに心臓バクバクです。

これが終われば今年一年の猫事は落ち着きます。







焙煎日記 11/29・12/02・03・06・08・09

12月に入ってしまいました。9~10月の天候の影響が尾を引くかと思ってたら、
一気に忙しくなってしまいました。
なかなか報告ができずに申し訳ありません。
喫茶店を営業していた時に酸味が特徴のコーヒーを何銘柄かご用意してましたが、
なかなか固定客様がつかず、長らく酸味のコーヒーは敬遠してました。が、
最近酸味を好まれるお客様がちらほら。
試しに以前飲んで美味しかった塩味(えんみ)のコーヒーを入荷。テスト焙煎で「ウマイ」となり、すぐにご案内。
「コスタリカ・コーラル・マウンテン」、引き続きご紹介していきます。

<焙煎銘柄>11/29
カロシ・トラジャ/パプアニユーギニアAAパラダイス・プレミアム/キューバTL/
タンザニアAA スノー・トップ/コスタリカ コーラル・マウンテン

<焙煎銘柄>12/02
マンデリン・トバコ/コロンビア・スプレモ・テケンダマ/エチオピア・モカ・シダモ/
ブラジル・サントス樹上完熟/グァテマラ・クラシッック・マヤ

<焙煎銘柄>12/03
コロンビア・アンジエリカSP/エチオピア・モカ・イルガチャフェ/タンザニア・スイート・ナチュラル/
エルサルバドルSHG シティオ・デ・マリア/パプアニューギニアAA パラダイス・プレミアム

<焙煎銘柄>12/06
ブラジル・ハチドリ/フローレス島「コモド・ドラゴン」/ウガンダ ブルー・ナイル/カロシ・トラジャ

<焙煎銘柄>12/08
エチオピア・モカ・シダモ/コロンビア・アンジェリカSP/コスタリカ コーラル・マウンテン

<焙煎銘柄>12/09
バリ島アラビカ「神山」/タンザニアAA スノートップ


空いた時間をみつけ、定休日を利用して造った猫ハウスもどうにか完成。
いまでは夜にはハウスで寝るようになってくれました。
それでもカールが好きなアンチャンはこっそりカールの寝床に入ってきます。
カールは迷惑な様子です。
20191022-04 



ページトップへ