カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

バニー・マタル(標準/200g)

バニー・マタル(標準/200g)

バニーマタル地方で採れる、上級品のコーヒーで、「母なるコーヒー」と呼ばれています。
まろやかな甘みとのど元に広がる芳醇なこくはモカ・コーヒーの中の上級品です。


焙煎度合(表の右にいくほど深煎り)
ミディアム
ハイ
シティ
フルシティ
フレンチ
イタリアン

バニー・マタル(標準/200g)

価格:

1,762円 (税込)

購入数: 標準200g

コーヒー豆の挽き方

在庫

購入

豆のまま

細挽き(ペーパードリッップ用)

中挽き(コーヒーマシン用)

粗挽き(サイホン用)

極細挽き(水出・エスプレッソ用)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

・・・コーヒー発祥の地のアフリカン・コーヒー・・・
イエメン内陸山岳地方(標高1000m~3000m)の段々畑で「モカ」コーヒーは生産されています。
この中でも特に有名な産地が、アラビア語で「雨の子孫達」を意味する「バニー・マタル」地方です。
この地方はその名の通り雨が多く、またしばしば霧がかかることでも有名です。
「バニー・マタル」コーヒーは原生種に近いので、生み出される豆は素朴でありながら
気品のある味わいを醸し出すことで知られています。
又、金色の豆が入っていることから、 この豆は『ゴールデン・マタリ』とも呼ばれ
独特のモカ臭と共にこれがバニー・マタルの特徴です。
「モカ」は紅海に面した、イエメンの小さな港町です。1628年のある日、この港でオランダ商船に
40袋のコーヒー豆が積み込まれました。 これがヨーロッパ人が買った最初のコーヒーでした。
ただし当時まだヨーロッパではコーヒーを飲む習慣がなかったため、
この豆はペルシャ・インド方面に売られたそうです。
1661年、ヨーロッパ「アムステルダム」で最初にコーヒーが売り出されました。
もちろんこれもモカから積み出されたコーヒーでした。
その後ヨーロッパ人は安いコーヒーを大量に確保するために、それぞれの植民地に「モカ」の
豆を持って行ってコーヒーの栽培を始めました。
現在、南アメリカや東南アジアで栽培されているコーヒーの多くは、もともとこうしてイエメンから
運び出されたものなのです。
つまりイエメンは世界のコーヒーの母国というわけです。

ご希望の数量を下記の中からお選びください

イエメンイメージ-01

ご希望の数量を下記の中からお選びください

ページトップへ